2007年11月26日

第五百九十条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(貸主の担保責任)
第五百九十条
1 利息付きの消費貸借において、物に【  】があったとき
は、貸主は、瑕疵がない物をもってこれに代えなければならない。こ
の場合においては、損害賠償の請求を妨げない。

2 無利息の消費貸借においては、借主は、瑕疵がある物の価額を返
還することができる。この場合において、貸主がその瑕疵を知りなが
ら借主に告げなかったときは、前項の規定を準用する。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 正解:
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(貸主の担保責任)
第五百九十条
1 利息付きの消費貸借において、物に【隠れた瑕疵】があったとき
は、貸主は、瑕疵がない物をもってこれに代えなければならない。こ
の場合においては、損害賠償の請求を妨げない。

2 無利息の消費貸借においては、借主は、瑕疵がある物の価額を返
還することができる。この場合において、貸主がその瑕疵を知りなが
ら借主に告げなかったときは、前項の規定を準用する。









posted by 管理人 at 20:57| 民法穴埋め問題(401〜600条) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。