2009年11月07日

第百二十六条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(取消権の期間の制限)
第百二十六条
取消権は、追認をすることができる時から【 】年間行使しないとき
は、時効によって消滅する。行為の時から【 】年を経過したときも、
同様とする。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 正解:
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(取消権の期間の制限)
第百二十六条
取消権は、追認をすることができる時から【】年間行使しないとき
は、時効によって消滅する。行為の時から【二十】年を経過したとき
も、同様とする。









posted by 管理人 at 21:30| 民法穴埋め問題(1〜200条) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。