2009年08月31日

第百十七条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無権代理人の責任)
第百十七条
1 他人の代理人として契約をした者は、自己の【  】権を証明す
ることができず、かつ、本人の【  】を得ることができなかったと
きは、相手方の選択に従い、相手方に対して【  】又は【    】
の責任を負う。

2 前項の規定は、他人の代理人として契約をした者が代理権を有し
ないことを相手方が知っていたとき、若しくは【  】によって知ら
なかったとき、又は他人の代理人として契約をした者が【  】能力
を有しなかったときは、適用しない。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 正解:
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(無権代理人の責任)
第百十七条
1 他人の代理人として契約をした者は、自己の【代理】権を証明す
ることができず、かつ、本人の【追認】を得ることができなかったと
きは、相手方の選択に従い、相手方に対して【履行】又は【損害賠償
の責任を負う。

2 前項の規定は、他人の代理人として契約をした者が代理権を有し
ないことを相手方が知っていたとき、若しくは【過失】によって知ら
なかったとき、又は他人の代理人として契約をした者が【行為】能力
を有しなかったときは、適用しない。







posted by 管理人 at 22:41| 民法穴埋め問題(1〜200条) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。